DESUS デサス
   

 

 

CREATIVE DIRECTOR-DESIGNER
蓮池槇郎 Makio hasuike
蓮池槇郎 はすいけ まきお

1962年東京芸術大学卒業。セイコーにてデザイナーとしての第一歩を踏み出し、 64年開催の東京オリンピックのための時計(20種)のデザインを手掛ける。63年よりイタリアにて様々な分野のデザインに 携わり、68年イタリア国内でも初期のインダストリアルデザイン事務所の1つとして数えられるMakio Hasuike Designを 開設。インダストリアルのみならず、グラフィック、パッケージ、ショップ、展覧会といった幅広い領域のデザインを 手掛け、以降30年以上にわたってイタリア国内外を問わず様々なプロジェクトを成功に導いてきた。82年バックと アクセサリーの製造会社であるMH Wayを創設。デザイン・製造・販売までを一貫して手掛けるMH Wayは、プロジェクトと 製品との複雑な関係に直接関わる機会を自身にもたらすものとなった。
これまでに数多くの作品がコンパッソ・ドーロ賞、 デザイン・プラス、BIO賞等を受賞しており、いくつかの作品が、ニューヨーク近代美術館、エッセン工業美術館、 ミラノデザインミュージアムの永久収蔵品となっている。

http://www.makiohasuike.com
http://www.mhway.it

 
 
 
Copyright (c) 2006-2016 Richell Corporation. All Rights Reserved.